この熱が冷めぬうちに

無邪気に自然に回される腕に

何度でも不意をつかれていたい

 

疑わないで無口なわけは

ねえわかるでしょう

 

この熱が冷めぬうちに

額に手を当ててみて

 

この熱を知った上で

これからの日々を過ごして欲しい

 


 

真夜中夢の中 一人きり泣いて

電話越し綾す低音にまた泣いた

 

翼並べて伝えたいこと

ねえありがとう

 

この熱を知ったときに

幸せを信じたの

 

この熱が冷めるときに

現実は途切れてしまう

 


 

この熱が冷めぬうちに

この熱が冷めぬように

これからの日々を