灰のイメージ

「クラッシュして消えたデータも最初から想定の範囲内」

危うさはあなたのイメージを鮮やかに濃くする

 

意識半分、書き換えられていく青の画面

羅列を続けて

 

あなたを空っぽにして灰を掬う人になりたいな

私の結晶にそれを撒けばもう何も怖くない

 


 

闇雲に叫ぶのをやめておとなしく なんてやめて

醜さであなたのイメージは台無しに焦げ付く

 

一人焦燥、描ききれない青写真なら燃やしてしまいたい

 

ああ、とか、ねえ、は邪魔なんだ

どうか嘘をついていてくれないか

私を奈落の底に落とせるのは今もあなただけ

 


 

あなたの後ろ側にいつでも灰を見ていたいな

その色でこの瞳を塗り潰せば盲目でいられる

 

そしてあなたの最後の時には灰を掬う人になりたいな

私の結晶にそれを撒けばもう何も怖くない