脱がせてほしい

何もかもを感じるように

冷たく濡れる肌が乾いてしまう前に

 

ここにいたいの

ここにいたいと願わせて

 

熱を科学的に分析するほど

この夜を眠りで〆るほど

私は冷静じゃない

だから感じたままにやるのよ

悲しい言い訳をするならその口を閉じて

 


 

日常の苛立ちがよぎっていくこともある 

そして仲間なんて響きを求めるんだわ

 

そんな雑念消して

今すぐに受け止めて

 

冷え切った体の奥深く

鼓動は刻まれて蘇る

全てを吐き出した夜

彼女の皮肉 彼等の吐いた嘘

それらは一生愛し得ないもの

もう捨ててしまおう

 


 

感傷的で寂しい時間を

一人でうずくまって過ごすほど

私は従順じゃない

だから今は感じたままに

 

彼女の皮肉 彼等の吐いた嘘

あなたはフィルターになってほしい 

心に唯一踏み込んで