独白

もう二度と告げることのない モノローグに耳を傾けて

 



深い眠りの映像に 色がついたのは今朝のこと

柔らかに紡ぐ物語 続きに溶けてしまえたら


目覚めはいつか掌の下


代わる代わる繋ぐ朝と夜に 静かな告白流れてひとつ





始まりはいつも無意識で 終わりは殊更夢のよう


繰り返しでも刻めたなら


思い思いの形を重ね 気紛れ誠実愛しいふたつ





必然、偶然、計算、事故…

Leave it all to me




知らず知らず染まりゆく心を 壊さぬように恥じないように

騙し騙しの言葉を断ち切り 確かな信頼並べてこのまま



 

もう二度と告げることはない