疑惑のホリデイ

あなたの服を着たまま

過ぎていく休日の午後

 

他愛無い会話に秘められた

抵抗、本性、彼女の存在

 

薄い壁の密室

隠蔽するストーリー

 

ざわめく疑い指立てて

迎える夜はお静かに

招いた声は大人びて

揺蕩う心は鷲掴み

至福のホリデイ

 



ファインダーはあなたのもの

被写体は本当に私?

 

モノクロじゃ物足りない

色付いて私の紅

 

鍵かけたフォルダに追加された過ち

 

足りない言葉も手伝って

摩擦を起こす欲望に

行き着く悲劇を見越す度

目を伏せ自ら口封じ

疑惑のホリデイ

 

 


守れぬ秘密を抱きかかえ

華やぐ街は幻想に

はだけた月に隠しても

騙せぬ心の水鏡

 

ざわめく疑い指立てて

迎える夜はお静かに

招いた声のリフレイン

果てなく心は鷲掴み

二人のホリデイ