細胞

癒えない傷の話 ―いつか聞きたい。

言えない夢の話  ―推理してみる。

 

とめどなく流れていく、頭の中の星。

一個だけ捕まえたら、開いて見せてあげる。

 

私がいくつかの細胞の集まりなら、全部染まってるの。

遠い目をしていても、あなたを見ているわ。

 


 

浅はかなおんなだって自覚している。

どうして構うのか、謎は深まる。

 

立ち止まって図形になる、頭の中の点。

名前さえつけられない私には、絵を描かせて。

 

あなたが何度目か正直になったこと、ちゃんと覚えてるの。

知らん顔をしていても、もう信じられないわ。

 


 

私がいくつかの細胞の集まりなら、全部染まってるの。

遠い目をしていても、あなたを見ているわ。

 

あなたが何度目か正直になったこと、ちゃんと覚えてるの。

知らん顔をしていても、もう信じられないわ。